陶芸の装飾技法

磁器をいじる

陶芸の装飾技法の絵付けで個性的な作品に

器に絵付けをしたいと考えているのであれば器の素材について知る必要があります。
陶芸用の粘土を使ったものは陶器という器ですが、磁器とは多少の性質の違いがあるのです。
陶器は1250度くらいで焼成し、磁器に比べるとキメが荒くて吸水性があり、指ではじくと鈍い音がします。
一方で磁器は石を砕いてつくった磁土が素材で、この土はキメが細やかでコシがないため、電動ろくろで成形するのに向いているのです。
また、表面は白く滑らかで固く、1300度くらいで焼成し、吸水性がなく焼きあがった器を指ではじくと金属のような高い音がするのが特徴になります。
もちろん陶器に絵付けをすることもできますが、地肌が白く、表面が滑らかな磁器のほうが着彩したときに発色がよく、細かい線を描くのに適しているのです。
また、器づくりの作業工程は本当にさまざまで、土を成形し、素焼きをして釉薬をかけたら本焼きをします。
絵付けというのはこれにさらに個性を出したい、作品を鮮やかに彩りたいときにするものです。
これは、陶芸の装飾技法のひとつで、器の表面に絵を描く作業は土を削ったりして模様をつけるのとは違った楽しさを味わうことができます。
そのため、器づくりをマスターしたベテランだけでなく初心者でも十分に挑戦可能です。

陶芸における絵付けと絵具

釉薬をかける前の素焼きした器の表面に下絵具と呼ばれる顔料で模様や絵を描くことを陶芸装飾技術の下絵付けといいます。
模様を描き終えたら、上から釉薬をかけて本焼きをして完成です。
釉薬の下に絵があるため、下絵付けと呼ばれます。
下絵具は本焼きの際の高温焼成に耐えて、きれいに発色する金属で作られた顔料しか使えないので、色数が少なく、昔は鉄によって茶色に発色する弁柄や鬼板と、酸化コバルトによって藍に発色する呉須しかなかったのです。
今でこそ、ピンクや黄色、緑などのカラフルな絵具がありますが、この茶色と藍色は現在でも下絵付けのメイン絵具になっています。
弁柄や鬼板で描いたものは鉄絵といわれ、太めの筆を使ってのびのびと描く絵付けに用いられています。
一方で、呉須で描かれたものは、染付けとよばれ下絵付けの代表的な名称にもなっているのです。
また、下絵具はチューブに入った状態や粉末で、陶芸道具専門店にて購入することができます。
粉末の絵具は水分を加えて乳鉢で粒子を細かくつぶしてから使います。
下絵具の古代呉須や少し明るめの焼貫呉須などは描きやすくするために煮出した煎茶で溶くこともあり、絵付けをした後に上から釉薬をかけて焼成するので、焼成前に比べると、色が薄くなるのが特徴で、絵具の濃度を変えれば同じ絵具でも階調を出すことが可能です。

pickup

リピート率70%を超える買取ショップ

シャネルの買取

美容ハサミ(はさみ)を取り扱う、日本のブランドです。

シザー

最終更新日:2018/1/25