陶芸を体験しよう

磁器をいじる

気軽に陶芸を体験してみよう

趣味として、陶芸を始める人が増えていますが、焼きもの作りは初心者にとって、敷居の高い趣味の一つであると言えるのではないでしょうか。
そんな時は、一日体験をしてみることがおすすめです。
体験なら、個人的に材料や道具など準備をするものはありません。
初めの頃は、コップや花瓶、お茶碗、お皿などを作成する人が多いです。
数時間で土に触れることの楽しさや、陶芸の面白さ、難しさ、奥深さなどといった様々なことを味わうことができます。
そして、練り上げやろくろを使うなどの形作りといった初心者には難しい工程は、職人やスタッフにしっかりと丁寧に指導してもらうことができます。
また、体験を通して気に入れば、継続して習うことができる場合も多くあります。
陶芸は、老若男女問わず、一生をかけて楽しむことができるものです。
焼き上がった器は、まさに世界にたった一つしかない器です。
完全オリジナルの作品は、プレゼントとしても多くの人に喜ばれています。

陶芸と陶芸体験について

陶芸とは粘土を形成して高温で焼成することにより陶磁器などを作る技術のことで最近では一般の方が体験できる場も設けられています。
まず、粘土をこねロクロを回して作る成形コースや電動ロクロコース、素焼き生地に絵や文字を描く絵付けコースなどがあり、土台作りをし厚み合わせといった形を整える作業をしロクロを回しながら内側をなめらかにしてスタッフが協力しながら仕上げというのが基本的な基本的な作業内容です。
筒、お椀、お皿の形は好みで選ぶことができ、うつわの縁を変形させ動物の形にしたり爪楊枝などで好きなデザインを書くこともできます。
費用は1人3000円から5000円ほどでスタッフが焼き上げをしてから1ヶ月後から1ヶ月半後にお渡しでき郵送で送ることをできます。
陶芸体験は小学校のPTAや親子体験などで行うこともありますが個人でするのもおすすめです。
大人同士でも子供でも誰でもできるので格安ですし思い出作りにはおすすめです。

注目サイト

Last update:2017/3/1